筑波海軍航空隊記念館 【笠間】

2016-01-29

2015.10.04

チームツーの記事、最近全くバイクに乗っていないので、バイク自体がかなり久しぶりに思えてしまう・・・

到着

前回のチームツーは茨城県で機織り体験

今回も茨城県でロケ地の見学です

茨城続き〜

筑波海軍

筑波海軍航空隊記念館
『永遠の0』と言う映画・ドラマのロケ地なんです

ドラマは見ていないのですが、映画はちょうどこのチームツーの前にDVDレンタルで観たばかり

航空隊記念館

筑波海軍航空隊は『永遠の0』の中で描かれる特攻隊員たちの訓練地という設定で、ほぼ当時のまま現存しているそうです

訓練中に亡くなった方の為の当時の供養塔から、号令台、滑走路、そして唯一残る海軍の司令部庁舎などがあります

劇中の筑波海軍航空隊のシーンのほとんどを、本物の筑波海軍航空隊跡地で撮影したそうですよ

外観見ただけでも、かなり年季の入った建物ですね

zero

入館料大人500円
早速中に入ると、岡田くんがお出迎え

ロケ地

この階段見た瞬間に
『あ!このシーン岡田くんが映ってた階段!』(撮影していた所なんだから当たり前なんですが。。。
と、嬉しくなっちゃいました


ドケチ

『永遠の0』の他にもロケ地として使用しているらしく、この部屋は既に新たなロケの為に、内装を塗り替えたりしているそうです

zero forever

至るところに、この場面で使用された部屋ですよ
と案内が貼られています

病室

そうそう!
この病室もしっかり見覚えある

女優

この椅子は、ドラマ版の宮部役を演じた向井理さんが実際座った椅子
と、ガイドさんから伝えられ、皆で順番に座った所。。。。

向井理さんのむの字も残っていないだろうなぁ〜と、笑っちゃいました

ツーショット

部屋の入口付近にあった、怪しげなマネキンとツーショット

上映

映像の上映があると案内され別室に。。。

ここでは、実際この地で航空隊として戦場に出て生還した方のメッセージ
生き残った方達も、現在は高齢になられて老人ホームで過ごされている方や、このインタビューを行った数ヵ月後にお亡くなりになった方など。。。
当時の戦争の悲劇を伝えてくださる方達って、居なくなってしまうんですよね・・・

そして、まだ10代20代と若い青年達が戦場に駆り出され、志半ばで失った命。。。
特攻隊として命を落とされた方達、一人一人に家族そして恋人との時間があったわけで、そんな大切な人生までも一瞬にして無くしてしまう戦争
本当に二度と繰り返してはいけない。。。
見ていてもの凄く辛く、悲しく、涙が溢れてしまいました。。。

zero

上映の中で、青年が特攻隊に召集され当時お付き合いしていた女性に別れを告げた時、その女性は結婚したいと申し出たそうです
特攻隊=死が確実な状態で、未亡人にするような事は出来ない!と青年は断ったそうですが、それでも女性は青年と結婚したいと願ったそうです
その女性の願いの強さに、青年も心を決めてお互いの親族に挨拶に行ったそうで。。。
当時は親族の反対があると結婚も出来なかったらしく、もちろん女性側の親族は猛反対
それでも2人は諦めず反対している親族の家を一軒一軒許しをもらいに回っていたそうです

そして、明日出陣という日にようやく最後の親族の許しをもらえたそうで、青年をお見送りした後に彼女は彼の写真と共に結婚式を挙げたそうです。。。

青年は帰ってくることなく。。。そして彼女はその後再婚もすることなく生涯独身で過ごしたそうです。。。

永遠の0

今の世の中は平和が続き、戦争を知らない世代になっています
教科書では習っていても、経験したこともなく、本当に戦争の時代を生きた方々の苦しみって計り知れない部分が多いです

そんな中で、このように当時の状況を映像にまとめたり、体験した方達のインタビューはもの凄く貴重な物だと思います

『永遠の0』に登場する宮部さんは架空の人物です
それでも、当時の人間模様だったり、それぞれの人生、戦争によって失われたもの。。。
とても良く描かれている作品だと思います

ろーか

入館した時は「ここ!映像であったね!」と、キャッキャ騒いでいた私達も、映像を見た後はしんみり。。。

もけい

施設の中は展示室もあり、飛行機の模型や軍艦模型も展示でありました

ぐんかん

どうして戦争なんて起こるんだろう・・・

ぷろぺら

何も関係ない一般市民が第一線に駆り出されて、特攻隊なんて全然名誉ある事なんて思えない!
お国の為に命を捧げることが本望だなんて。。。


えんじん

当時のエンジンも展示されています

写真では撮りませんでしたが、隊員たちの遺書とも言える家族に宛てた手紙もありました
家族への思いが綴られていたり、明日特攻隊として出撃すると言う時に書いたもの。。。

明日自分が死ぬと分かっていて。。。自分だったらまともな心情でいられるのか。。。
と、考えてみたり。。。


仮面ライダー

衣装も展示してあります

えいが

こちらで撮影した映画やドラマのポスター

そう言えばこの建物、3.11の東日本大震災の時も窓ガラスにヒビが入った程度で建物自体は無事だったそうです

新しく建てた病院が敷地内にあるのですが、そちらの病院の方が建物崩壊があったそうで

館員の方たちも驚いたそうです

朝礼台

これから外へ出て地下要塞へ移動です
号令台は建物出てすぐ目の前にあります
しかし、地下要塞は少し距離があるとのこと。。。

なんと1.3km距離があるそうで、そんなにあるとは知らずテクテク歩き

まだかな。。まだかな。。。

防空壕

汗だくになりながらもようやく到着
こちらにもガイドさんが居たのですが、テント張った外に座って待っていらっしゃって
いつから待っていたのでしょう。。。
見学客が来ない事も、あるよね??

そんな事を思いながらも、全員ヘルメット装着!
説明を聞いてる最中

ANA

こちらも穴がありますが、入れるのは違う穴です

川口浩

きちんとドアが付いている洞窟

洞窟に入る

中は真っ暗なので懐中電灯を各自1つ持って探索です

カメラマンと

『地下戦闘指揮所』
爆撃で司令部庁舎が使えなくなった場合の地下要塞

照明さんの

狭い通路からいくつかの大きな空間が広がる部屋へ移動します

後に入る~

迷路みたいで、外への出入り口がどこだか迷ってしまいます

防空壕

所々に上に穴が開いていて外が見えるようになっているのです

怖い

行き止まりの箇所もあったりして、暗いし結構怖いです

もう一個

もう一つの穴にも入ります
こちらは先ほどの要塞と比べると中は迷うほど部屋数があるわけじゃないのですが、洞窟のままって感じで。。。
天井とか舗装されていなくて、凸凹でジメジメ
更にカマドウマという虫がうじゃうじゃ

中の写真は無しです

哀しみ忘れません

この森の奥が地下要塞のある場所です

何だか切なくなりますね。。。

日本を守ろうと必死に戦ってくれた方達。。。
どんな思いでこの地にいたのでしょうか。。。

そば

横を見るとそばの花が満開

ランチ

記念館までまた頑張って歩き、ランチ予定のカフェへ向かったのですが満席
待ち時間がかなりかかってしまうとの事で、急遽丸亀製麺へ

終わり

ツルツルっとうどんを頂いた後は帰りに向かいますよ

今回記念館を見学して、改めて戦争というものは不幸しか生まないと感じました
戦争の不幸や苦しみを絶対繰り返してはいけないと思います

どうか世界が平和で、人々が幸せに生きてゆけますように。。。




LLLLLLLLLLLLLLLLLLLL
筑波海軍航空隊プロジェクト
〒309-1717
茨城県笠間市旭町654
TEL.0296-73-5777
open9:00~17:00
無休
LLLLLLLLLLLLLLLLLLLL

応援お願いします

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rico+HIME

Author:Rico+HIME
153cmのミニミニRiderです
やっとの思いで、念願の二輪免許GET!
動物大好き、スイーツ大好き♪
美味しいもの、楽しいところにBikeでどこへでも・・
行けるようになるといいな~
お勧めのお店や、楽しいレジャースポット情報お待ちしてま~す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア