かさぎ屋 【京都】

2010-09-16

2010.08.02


都内の通勤ラッシュが嫌で早い時間に家を出たので、今日は少しのんびり出来そう・・・

地図を見ていたら何だか歩いていけそうな気がして向かったのは清水寺

しかし暑すぎた
しかも歩いて行くには遠すぎた
手もあげていないのに運転手さんと目が合った途端タクシーが停車
運転手さんが救世主に見えて乗ってしまいました

タクシーを降りて炎天下の中、さらに坂を上っていきます
両側にお土産屋さん、上りも下りも人の多さにびっくりです

清水1


いつもはひんやりしている石の廊下も照り返しが強く、ゆっくりはしていられない感じです
清水寺


でもこの景色を見にここまで上って来た甲斐がありました
圧倒されちゃいます
しっかりパワーをもらって帰らなきゃ
清水2


そしてもう一つパワーをもらえる所、スイーツを求めて坂を下ります

竹久夢二が通った甘味処として有名な二寧坂にあるお店です
辿り着くまでに他のお店の「かき氷」というのぼりの誘惑を振り切り。。。


『甘党の素通り出来ぬ二寧坂』と言われているだけあって、甘味処が狭い階段の両脇にびっしり・・・
その中でも、大正三年創業という老舗のかさぎ屋さんです
作られた風情ではなく、積み重ねられた時間の重さを感じます
ちなみに涼しげな白いのれんは夏バージョンで、冬は紺色に変わります
外観



お店に入った時には他にもお客さんがいましたが、お帰りになって席が空くと、こちらの方が涼しいので・・
と汗だくの私に優しいお心遣い
店内


まずは温かいお茶で、こころもからだも落ち着けて・・・清水焼の茶器に癒されます
お茶


山盛りのかき氷は食べきれないので、こちらはちょうど良い量です
夏季限定の しるこセーキ 650円
お店の人がすぐに溶けてしまいますので・・というだけあって、きめ細かいシャリシャリ感にまろやかな白玉入り、甘すぎず冷たすぎず旨すぎず今日の私にぴったりです
しるこセーキ


それから定番の 三色萩乃餅 650円
粒がしっかりしているのにとろけるほど柔らかい粒餡、滑らかで甘すぎないこし餡、しっとりと粉っぽくないきな粉の三色、中は柔らかいのにべたつかない不思議な美味しさの粒餅

きな粉は夏季で冬季はきな粉が白餡になるそうです
季節感も楽しみの一つですね
おはぎ



またパワーをもらいに来ちゃいます
いつ来ても期待を裏切らない素敵な街です
清水3




LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL
~二寧坂~ かさぎ屋
〒605-0826
京都府京都市東山区桝屋町349
TEL.075-561-9562
open11:00~close18:00
火曜定休
LLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLLL



スポンサーサイト

テーマ : カフェ
ジャンル : グルメ

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

いいなぁ~

りこ姫さんのブログを見てると、京都に行ってみたくなっちゃいますよ~~

お店の人の心遣いが、、京都らしいですよね

junさんへ

コメントありがとうございますe-151
お返事が遅れてごめんなさいe-330

お店の方は何代目かのお母さんと娘さんらしく、
とても優しくて穏やかないい雰囲気の方でしたe-420

京都訪問はまだまだ続きますよ~e-217
これからが良い季節ですので、とっても楽しみですe-241
プロフィール

Rico+HIME

Author:Rico+HIME
153cmのミニミニRiderです
やっとの思いで、念願の二輪免許GET!
動物大好き、スイーツ大好き♪
美味しいもの、楽しいところにBikeでどこへでも・・
行けるようになるといいな~
お勧めのお店や、楽しいレジャースポット情報お待ちしてま~す。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア